所有者不明の土地、10年利用権
2018/02/19(Mon)

今朝、新聞に気になる記事が載っていました。


それが、

所有者不明の土地、10年利用権というもの。

なんでも、所有者が分からない土地に公園や店舗などを作れるようにする制度の概要を

政府が固めたらしいのです。

知事が事業者に10年間の土地利用権を与え、所有者が現れない限り利用権を延長できる。

制度を創設するための特別措置法案を3月上旬に閣議決定して今国会で成立させ、

来年夏の施行を目指すとのこと。

民間の「所有者不明土地問題研究会」(座長・増田寛也元総務相)の推計では、

所有者不明の土地は全国でなんと約410万ヘクタール(2016年)に上り、九州の面積を上回るそうです。

新しい制度では、事業者が所有者不明土地を活用したい場合、知事に事業計画を提出する。

審査の結果、知事が事業に公益性があると判断した場合、「地域福利増進事業」に認定し、

10年間の一時利用を許可する。自治体や企業、NPO法人などのほか、個人の利用も想定している。





この記事のURL | 日々つれづれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<漬物最高! | メイン | 1000リエル!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://fymgt.blog7.fc2.com/tb.php/1315-4e218349

  ▲ top

| メイン |